2016年09月26日

【自民党都連】小池候補を応援した区議7名を離党勧告処分!都連のドン内田茂は健在!都議会選挙は来年

【自民党都連】小池候補を応援した区議7名を離党勧告処分!都連のドン内田茂は健在!都議会選挙は来年

http://www.johoseiri.net/entry/2016/09/17/145758

 小池百合子氏を都知事選で応援した自民党の豊島区議5名と練馬区議2名が離党勧告処分にされることが決まったと報じられています。この7名は同じ自民党の小池氏(党支援せず)を応援していたので、裏切って他党の候補者を応援したわけではないのですが、党の意に沿わない人(しかも自民党東京都連から見たら微妙な人)に手を出したので、このたびの制裁がなされました。この勧告に10月末までに従わなければ除名処分もありだというのですから、驚きの内容です

9lllt.jpg

除名されたら、その方たちだけで新党を作られたほうが
有権者としても確実に自民党の都議を落とすことが
出来るからありがたいです。
というか、内田茂が落選するんじゃね




【関連する記事】
posted by コピペマン at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 都知事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<内閣法制局>安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

<内閣法制局>安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000003-mai-soci

昨年9月に成立し、今年3月に施行された安全保障関連法を巡り、昨年5月に政府が同法案を閣議決定する前に内容を審査した内閣法制局が、法案の扱いを記録した公文書で、審査を終えて決裁した日を「5月0日」とするなど、ずさんな記載をしていたことが分かった。法制局はすでに修正しているが、毎日新聞の取材に経緯の説明を拒んでいる。

12749174850001.jpg

蓮舫「ミスで済まされる話ではない」

ミスで済まされる話ではない、その通り。
ミスで許される話ではないので
資格のないまま国会議員として
活動してた期間の議員報酬は返還しないとな
二重国籍を隠して選挙で当選したなんて、
ミスで許される話じゃない

蓮舫の二重国籍はミスではなく
最近まで台湾パスポート使ってた事は明白
もう何言ってもすべてブーメラン


>毎日新聞の取材に経緯の説明を拒んでいる。

ホント、悪意がある書き方だよなぁ
本文を読むと、
『内閣法制局総務課は、取材に「開示請求した人以外の問い合わせには答えられない」』


posted by コピペマン at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おまえが言うな ブーメラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

蓮舫代表、小池知事の政治塾「我々の仲間も参加したい」

蓮舫代表、小池知事の政治塾「我々の仲間も参加したい」

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2876110.html

 民進党の蓮舫代表は、TBS番組「時事放談」の収録で、東京都の小池知事が近く立ち上げる政治塾について、「我々の仲間も機会があれば参加したい」と述べました。

「豊洲の問題をはじめ、これは東京都政なんだという認識を前面に出した小池知事はすばらしい。政治は国政だけじゃない、都政のための都民ファーストの政治塾という考え方は極めて合理的だし、我々の仲間も勉強させていただける機会があれば参加したいと思う」(民進党 蓮舫代表)

ClBsqTFUkAA7AXj.jpg

自分が落ち目になりやがったら、急に擦り寄ってきやがった…。
鳥越の応援団だったはずだが・・・
乗り換えの速さだけは素晴らしい

小池知事に抱きついて
自らの黒い霧を晴らそうという魂胆みえみえですな。
要するに、小池が世間にウケているからあやかりたい、
隙があったら豊洲問題での手柄を横取りしてドヤ顔したい、
ということですわな。
小池都知事にメリットは何一つない


2016年09月24日

蓮舫がやっと台湾籍を離脱、つまり今までは2重国籍で日本の政治家をやってたんだな

蓮舫がやっと台湾籍を離脱、つまり今までは2重国籍で日本の政治家をやってたんだな

http://www.sankei.com/politics/news/160923/plt1609230038-n1.html

民進党の蓮舫代表は23日の記者会見で、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、台湾当局から台湾籍の離脱手続きが完了したとの連絡を受けたことを明らかにした。

12582786910006.jpg

ずーっと嘘ついてたんだな
この件は差別でも何でもない
単純に「日本の総理大臣を目指す」とか言ってる人物が極めて重大な経歴詐称をしていたことが問題
こいつは大臣時代に外国人でありなが日本の最高レベルの機密にアクセスしまくりだったからな




2016年09月23日

蓮舫氏が戸籍を提出しないので重大疑惑濃厚か?

蓮舫氏が戸籍を提出しないので重大疑惑濃厚か?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160922-00010012-agora-pol

蓮舫氏は、国籍選択の日付けを証明できる、戸籍関係の書類を公開すべきだ。(修正11:30; この点については、戸籍に帰化や国籍選択したことが、結婚などののちに作成された新戸籍になっても引き継がれるのかという問題がある。規定上は、原則として、「国籍選択」については新戸籍に引き継がれ、帰化については引き継がれないというように読めそうなのだが、実際の運用がどうなっているか確信が持てない。複数の専門家が関係の役所に聞いてくれたのだが、もうひとつ、要領を得ない。具体的な実例に則した情報をいただければ幸いだ。以上のような経緯なので、最初の投稿から少し記述を変更し、タイトルも変えた。しかし、たとえ、現在の戸籍謄本に記載されていなくとも「原戸籍」には記載があり、本人にとっては証明は容易である)

台湾に提出したパスポートを含めた離脱手続きに提出した資料についても同様だ。取るべきだった手続きの内容はこうだ。あらためて、本来、中華民国(台湾)籍だった蓮舫氏が単国籍の日本人になりきるためにするべきだった手続きは以下の通りである。

(1)日本国籍の取得
(2)その台湾代表処への届け出
(3)日本国籍選択届け
(4)中華民国(台湾)籍の離脱(この時に台湾のパスポート返却)

このうち蓮舫氏が日付けを明らかにしているのは(1)だけで1985年1月21日である。(2)はそれと同じ日だったかどうか明確にしていない。しかし、(1)から間もなくだったようだ。

(3)は過去の種々のインタビューでは18〜19歳(1985年11月28日〜1987年11月27日にあたる)としてきたが、日付けが語られたことはない。また、9月3日よりあとには、17歳と変更している。(1)と同じ日かといえば、それは、通常はないと関係者はいうし、過去のインタビューでの動機や父親とのやりとり内容からは、18〜19歳が自然である。

(4)は過去のインタビューで一度も触れず、二重国籍を公言していたので実行してないことは最初から明らかだった。今回は(2)のときに行ったと信じていたと強弁していたが、そもそも、20歳にならないと不可能であり、現在は、出来てなかったと認めた。ただし、それを知らなかったと言い続けている。

(4)については、念のために9月6日に過去のパスポートを添えて代表処に提出したとしているが、どのような書類を提出したのか、パスポートはいつまで有効だったのか、最後に使ったのはいつだったかを明らかにしていない。コピーを取っていなかったとしたら頓馬な話で、そんな人物に外交交渉など怖くてやらしたくない。



【記事の要約】

蓮舫氏が認めた事実(次の2点のみ)

@二重国籍のまま法的義務に反していたこと
A台湾のパスポートをもったままだったこと

蓮舫に要求したい。次を公開せよ。

@国籍選択の日付けを証明できる、戸籍関係の書類の公開
A台湾に提出したパスポートを含めた離脱手続きに提出した資料の公開

CeXgAC2UIAA8nuF.jpg

日本国籍無効の可能性大だな
検察はしっかり仕事せえよ

公開つっても誰でも見られるようにする必要はないのであって
当選した該当選挙区の選挙管理委員会を攻めればいいんだよ
「選挙公報に嘘を載せてないよね?帰化してないのに帰化とかさ?」
「確認した?本人の自己申告だけでなんでも載せないよね?」

確認してない。
この言質をこそが突破口。

「法律上、確認するすべがない。」
とか言ったら最高。
広報誌、丸ごと嘘でも構わない話になる。

あと父親が死んだときの相続税関係がどうなってるか調べてくれ
父親の謝哲信が亡くなったあと、祖母の陳杏村が亡くなっている。
相続に注目するなら父親だけじゃなく祖母もね。