2017年02月06日

日本の慰安婦像問題対抗策で

日本の慰安婦像問題対抗策で

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170206-00000012-pseven-kr&p=2

日本の制裁まがいの慰安婦問題対抗策は意外な効果を発揮している。驚きと当惑の韓国政府やメディアは「日本とはこれ以上、ケンカできない……」というお手上げムードだし、慰安婦像問題でも「ウィーン条約」を紹介しながら、やっと「外国公館前への設置は国際法上まずいようだ」「撤去でなく移転なら」などといったまともな議論が出はじめた。韓国には申し訳ないが、韓国ウオッチャーたちの間では昔から「韓国が困れば日韓関係はよくなる」という言い草がある。今年はまさにそんな雰囲気のスタートである。

14839926540025.jpg

韓国が困ろうが困るまいが
日韓関係がよくなったためしはない

関係改善とか要らねーよ
大使館そのものを撤去しろよ
そしたらウィーン条約とか関係なくなるだろ
日韓関係の最善の方法は国交断絶
次の反日大統領に期待してる
慰安婦像を100体学校やらに作るんだろ

あと最近は売春婦像諦めて
関東大震災朝鮮人虐殺(笑)とか喧伝しだしたからな

1297111286380.jpg

韓国人の知らない恥ずかしい歴史 〜呆れた売国奴、朝鮮王・高宗

1895年、下関条約によって清国の冊封体制から朝鮮は独立。独立後の朝鮮には、独立をして『防波堤』となることを期待した日本の願いとは裏腹に親ロシア派内閣が成立した。しかも、その政権の下で腐敗はさらに進み、朝鮮半島のめぼしい利権のほとんどが欧米諸国に売り渡されることになった。

【高宗が外国に売り払った利権】

↓↓

1896年
ロシアへ咸北・慶源・鐘城の金鉱採掘権
鐘城の石炭採掘権
豆満江・鴨緑江上流地域と鬱陵島の森林伐採権
アメリカには京仁鉄道敷設権
雲山金鉱(平北)採掘権
イギリスには財閥顧問の派遣と海関管理権
フランスには京義鉄道敷設権

1897年
ロシアへ財政顧問の派遣と海関管理権
軍隊の教育訓練権
ドイツに江原・金城、金鉱採掘権

1898年
アメリカにソウルの電車・電灯・水道経営権
日本へ京釜鉄道敷設権
イギリスに平南・殷山金鉱採掘権

1899年
ロシアへ東海岸における捕鯨権

1900年
ロシアへ慶南・馬山浦の栗九味租借忠北・稷山金鉱採掘権
日本に京畿道沿海の漁業権

1901年
フランスに平北・昌城金鉱採掘権

1903年5月
ついにロシアは朝鮮北部の龍岩浦に軍港を建設
シベリア鉄道の完成も近づき極東アジアの情勢は著しく悪化した


ロシアの極東南下

(既に満州の一部は侵略支配されロシア沿海州になっている)


結局、全てを売り払い破綻した無策な朝鮮は、日露戦争の直接的な原因を引き起こした後、日本に外交権を没収され保護国となって出直すことになった。しかし、保護国となった後も高宗の売国行為はエスカレートしていき、しだいに朝鮮国内では朝鮮王室に愛想を尽かした民衆が親日派(一進会)を結成、その規模は日増しに大きくなっていき朝鮮の指導者たちは日本に併合を懇願するに至る。

そして、朝鮮が欧米列強に売り渡した利権は
日本が全て買い戻し、併合・・・





posted by コピペマン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする