2017年04月09日

長島氏離党で動揺「うちの党は終わりだ」の声も

長島氏離党で動揺「うちの党は終わりだ」の声も

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170408-OYT1T50011.html

民進党都連幹事長を務める長島昭久・元防衛副大臣(衆院比例東京、当選5回)が離党する意向を固めたことを受け、7月に東京都議選を控える同党の都議や都連関係者に動揺が広がった。「うちの党はもう終わりだ」。党勢が衰える中、都議選に向けて都連をまとめていかなければならない重要ポストを務める長島氏の離党のニュースを聞き、都議の一人は言葉を失った。都議選を巡っては、民進党の公認候補36人のうち7人が離党届を提出している。別の都議は「今は誰が離党するか疑心暗鬼の状態だ。国会議員が離党届を出すことで、都議の離党の動きが加速する恐れがある」と語った。

tujimotokiyomi-728x524.jpg

>ある都連幹部は「無責任な人ばかりだ」とあきらめがちに語った。

行動原理が「反自民・反安部」で国益無視の国民置いてけ堀じゃあ有権者が激怒するのは当たり前。根底に「日本を良くしたい」という思考がまったく見えないから支持されない。代表は二重国籍問題をいつまでも経っても説明しないし、選挙は方向性がまるで違う共産党と組む。

これでどうして勝とうというのだ?



posted by コピペマン at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする