2017年08月02日

「日本メディアは談合し互いの批判がない」「コメンテーターの顔ぶれがひどい。特にワイドショーはひどい」

「日本メディアは談合し互いの批判がない」「コメンテーターの顔ぶれがひどい。特にワイドショーはひどい」

http://netgeek.biz/archives/100351

カルフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏がアメリカのメディアと日本のメディアを比べて、日本のメディアは談合状態にあると独自の考察を披露した。ケント・ギルバート「CNNがすごい恣意的な放送をしたとしましょう。そしたらFOXニュースが批判するわけですよ。ところがテレビ朝日がどんなに恣意的な放送をしてもNHKもTBSも他の局はそれを批判しない。要は監視し合っていないわけ。談合しているわけですよ。しかもニュースソースは全部共同通信で、どこを見ても一緒。コメンテーターを入れて色をつけようとするけど、そのコメンテーターの顔ぶれがひどいですよ。特にワイドショーはひどいですね。」

居島一平「カルテルみたいなものなんですかね」

ケント・ギルバート「テレビ局と新聞社が資本関係で繋がっているわけだから、まずは分離させないとダメです」

多くの日本人が違和感を覚えていた点をずばりと言ってくれて嬉しい。特に森友学園問題、加計学園問題ではマスメディアの偏向報道に目に余るものがあり、異常な安倍総理バッシングが行われた。加戸前知事が「安倍総理は無実。嘘をついているのは前川喜平」と断言しても、メディアは全然報道しない。さらに加戸前知事はNHKが結論ありきで希望の答えを言わせるために同じ質問を4回もしたとも暴露した。この事実を知ってNHKをバッシングしたマスメディアがあっただろうか?netgeekでは記事にしたが、大手新聞、テレビでは全く取り上げられない。

日本のマスメディアについて業界を分析してみれば、新聞社とテレビ局という2大マスが同じグループ会社の下で運営されていることが多く、寡占状態にあると言える。日本政府がメディアを正常化したければ独占禁止法の取り締まりを強化すればよいのではないだろうか。権力を持った組織は必ず腐る。まずは権力を分散させて消費者に他の選択肢を与えることが有効に機能するだろう。

981668.jpg


街頭インタビューなんか見ても一方の意見しか取り上げないしな
更に酷いものになると同じ人間が街頭インタビューに出ていると言う

加戸前知事が
「安倍総理は無実。嘘をついているのは前川喜平」
と断言しても、メディアは全然報道しない。
これだから、違和感があるんだよ。

学歴社会を批判して、自社は有名大卒のみ採用。
格差社会を批判して、製作は下請けに格安で丸投げ。
女性差別を批判して、下請け女性社員にはセクハラし放題。
派遣労働を批判して、派遣を使い捨てる。
隠蔽体質を批判して、自社の不祥事はもみ消す。
談合社会を批判して、記者クラブで馴れ合う。
世襲政治を批判して、自社はコネ入社を許す。
許認可権を批判して、放送免許の自由化は絶対阻止。
天下りを批判して、膨大な関連会社設立して受け皿。


ネットの出現により、
こういったことも明るみに出るようになる良い時代になった
昔はもっともっと酷かった



posted by コピペマン at 09:50| Comment(0) | 真っ赤なマスコミ・マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする