2012年06月05日

「行き過ぎがあった」、野党時代の年金対応を陳謝、岡田副総理

「行き過ぎがあった」、野党時代の年金対応を陳謝、岡田副総理

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120605/plc12060518570027-n1.htm

岡田克也副総理は5日の衆院社会保障・税一体改革特別委員会で、年金制度改革をめぐる野党時代の民主党の対応について「誠に申し訳なかった。行き過ぎがあったことは間違いない」と陳謝し、改めて自民党などに消費税増税を含む一体改革関連法案の成立への協力を求めた。

一体改革関連法案のうち、会社員の厚生年金と公務員の共済年金を統合する被用者年金一元化法案は、政権交代前に自公政権が提出した法案とほぼ同じ内容。当時の民主党は「国民年金も含めた一元化ではない」として反対していたが、岡田氏はこの日の答弁で「抜本改革に時間がかかるとすれば、できることからやるという現実的な手法を採るべきだった」と述べた。

また、消費税増税についても「この衆院任期の間に決定することはないだろうと思われた方が多かったとすれば、それは大変申し訳ない」と陳謝した。


10179-1.jpg


全面降伏ですか
今までの3年間はなんだったの?
3年かけてやっと理解できたのか。



謝って済む問題じゃないだろ?
国の重要な舵取りに失敗した責任が謝れば済むのかよw
日本人らしいそれなりの責任の取り方があるよな
野党時代の対応に責任を感じるならさっさと辞任しろ。

【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【政治】「行き過ぎがあった」、野党時代の年金対応を陳謝、岡田副総理
Excerpt: 1 :おばさんと呼ばれた日φ ★:2012/06/05(火) 19:16:58.22 ID:???0 岡田克也副総理は5日の衆院社会保障・税一体改革特別委員会で、年金制度改革をめぐる野党時代の民主党..
Weblog: 話題の2ちゃんねるニュース
Tracked: 2012-06-06 00:09