2013年02月14日

岡田克也氏「安倍首相は、自ら首相になって、その難しさを実感しているのではないか」

岡田克也氏「安倍首相は、自ら首相になって、その難しさを実感しているのではないか」

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130214/plt1302140715001-n1.htm

 沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海の緊張状態が続いている。現場でエスカレートして不測の事態が起きないよう、日中両国政府はマネジメントしなければならない。安倍晋三首相は以前、日中関係の行き詰まりは民主党政権の「外交敗北」の結果などと批判していたが、自ら首相になって、その難しさを実感しているのではないか。


10179-1.jpg


政権とった直後に朝貢しにいった民主党がほざくなボケ
支持率見比べてから言えw

釈迦に説法
何もしない民主と比較していいのかよ
誤魔化すことだけに必死だった民主党が
意見を言うこと自体がおかしい



1278031467033s.jpg



シャレや怪文書じゃないんだよ。ホントに言ってたんだよ

「参政権がほしいなら国籍を取れということは、人権にかかわる」
「中国の役割は米国と並んで非常に大事だ。総理が自らの考えを押し通して靖国参拝をしたことは、非常に国益を損ねている」
「(拉致被害者)5人を(北朝鮮に)返さないと政府が決める必要はない」
「国会で北朝鮮の名前を出すのは相手の気分を害するからやめろ」
「イラクの子供は10年も綺麗な水を飲んでないから、自衛隊の給水復興支援は必要無い」
「『国歌君が代』は民主主義にふさわしくないので違和感を感じる。民主主義国家にふさわしい国歌があっていいんじゃないか」
「200議席突破しない場合は執行部が責任を取る」
    ※現実は180議席ですた(・∀・)ニヤニヤ
「そのサインが本人のものだと確認したんですか。名誉毀損ですよ(ファビョーン)」
    ※菅代表の拉致犯釈放嘆願署名についてファビョって安倍に食ってかかる@2003年総選挙NHK
「九割方単位を取っているので、経歴を詐称したことにはならないのではないか」
    ※ペパーダイン古賀について
「私は戦争に責任を持つ人が一緒にまつられていることに非常に抵抗感を覚える」靖国問題@朝日新聞
「9月で解任してもらおうと思ったが(時期が)早まった。読みたい本もあるし、家族サービスもしたい」
    ※代表固辞の理由w
「これ以上の計算は社会保険庁のスーパーコンピューターを使わせて貰わないと計算不可能なんですよ」
    ※民主党年金法案の現実性の無さのイイワケ@TV出演
「金大中前大統領が言われた未来志向のレールの上をうまく走っていないとすれば、主に日本側に問題があると思う」
    ※2004.5.28羅鍾一駐日大使との会談で
「国家公務員法(兼職禁止規定)を知らず、設立手続きの中で名を連ねた」と自らの兼職について釈明。
「日韓両国で共通の歴史教科書を持つ必要があるのではないか。議論の場を作るべきだ」
    ※2004.6.14ウリ党の辛基南(シン・ギナム)議長との会談で
「微妙な問題は信頼関係を大事にしながら話し合うべきだ」
    ※2004/6/11 東シナ海ガス田問題で中国の武大偉大使との会談で
「野球は強いところしか応援しない。それが一日を気分よく過ごす知恵だ」
「そうですね、議員年金は無くさないといけないと思います。ただ退職金なるものが必要ですね」
    ※NHKの番組での発言。議員年金は退職金に相当するものとして用意されてきたものです
「(記者の)皆さんも総理にあんなことやられて黙ってるわけ? 明日、北朝鮮の問題を1面トップにしちゃダメだよ。『総理のウソ』をトップにしないと。見識が問われるよ」
   ※言論統制は民主党の十八番?(・∀・)ニヤニヤ
「未熟だが、一つひとつ積み重ね、総理としての力量を備えていきたい」
「民主党は(年金)案を出しています。自民や公明は真面目に議論する気がない」@日テレ
    ※すかす2004年4月7日付けの民主党年金改革法案を読むと… il||li _| ̄|○ il||li ヨトウニ藁ワレルワケダ
「国民に正直でウソをつかない政治を目指したい」
   ↑で↓公党間の約束事は踏み躙る、と(・∀・)ニヤニヤ
「3党合意に『政府案に賛成する』という記述はなく、政府案を廃案に追い込むことに矛盾はない」
 ⇔自民党幹事長「署名をしている以上、党首が変わろうとも、国と国との条約と同じく有効です」
「日韓双方が核武装しないと約束し合うことが両国の将来にとって良いことだ」
   ↑中国様の核は含まれない
「選挙はみんなで戦うものだ。最大の責任は候補者本人だ。それを(代表の)責任に直結させる話は、やや理解に苦しむ」
    ※参院選告知前から堂々と責任とる気がない表明をするのは、党首としていかがなものかw
「サミットは首相の都合」
   ↑国際政治の遂行は首相の「都合」と考えているらしい
「(全会一致の安保理決議は)真の国連決議ではない」
「相手の悪口を言ったり、根拠のない批判に血道を上げたりするのでなく、政策を語るべきだ」
   ↑自民の批判公告に対するコメント@参院選 ※ぬー速+のスレは「おまえがいうな」の嵐
「台湾の独立を支持しない」「(台湾の将来のあり方については)中国と話しあって解決すべきである」
   ↑新任の着任挨拶にきた許台湾駐日代表に対する言葉。「かつての宗主国の意識が抜けていない」と酷評 される
「中国、韓国の許しを得たんですか? 得てないでしょ?」
   ↑靖国参拝に関する小泉総理との党首討論で。外国の承諾と同意と許しを得ないいけないらしい
8時台では「単独過半数ではない。政権が取れなかったらとどまるつもりなはい」
   ↑郵政解散後、当初は「単独過半数取れなければ辞任する」と言ってたのにあっという間に後退
9時台では「民主に入れない国民はバカ」
11時台では「田舎モノは1000万も預けない」
   ↑8-11時台の発言は、2005.8.14、郵政解散後にたった一日で連発
     http://yasz.hp.infoseek.co.jp/log2/okada-56.htm



2005-09-02 民主党岡田克也売国語録


@「小さな政府というなら、まず自衛隊を廃止すべきでしょう」

A「大きな政府という表現はちょっと・・・我々が目指しているのは”第三の政府”です」

B「イラクの人々は逞しいから、泥水でも飲めれば、それで事足りるわけです」

C「イラクの子供は10年も泥水を飲んでるから、自衛隊の給水復興支援は必要無い」

D「民主党の政策は、高学歴や高所得の人々にウケがいい」

E「学歴の低い人間は、根本的に信用できない」

F「財源はどうするかって? そんなことは厚生労働省の官僚が考えることでしょう」

G「その件について、中国の了解を取ったのですか? 取ってないでしょ?」

H「国益よりも大事なものがあります。それは正義です」

I「公務員って副業できないんですか? それは知らなかった」

J「私も、日本海という表記には、以前から違和感を持っていました」

K「民主党は都市政党ですからね。田舎の人は応援してくれなくて結構」

L「参政権がほしいなら国籍を取れということは、人権にかかわる」

M「中国の役割は米国と並んで非常に大事だ。総理が自らの考えを押し通して靖国参拝をしたことは、非常に国益を損ねている」

N「拉致被害者5人を北朝鮮に返さないと政府が決める必要はない」

O「地方の人々は、1000万円も貯金できないから、別にいいんですよ」

P「国歌”君が代”は民主主義にふさわしくないので違和感を感じる。民主主義国家にふさわしい国歌があっていいんじゃないか」

Q「九割方単位を取っているので、経歴を詐称したことにはならないのではないか」

R「自分が首相になれば日本を変えられるという確信を持っている。」


「”岡田語録”をweb検索したら出てくるのはほとんどタイガースの岡田監督語録でした」

「そうか、世間一般では岡田と言えば阪神の監督の方か」

「僕が岡田監督で連想するのはサンガリアのCMですけど」

「岡田がサンガリアのCMに出てたのは選手時代だぞ。ずいぶん古い話だ。年がバレるぞ(笑)。上の岡田語録読んだか? ひどいよな、どこの国の政党なんだよ」

「Yahoo!japanで”売国”を検索したら”民主党”がトップに出ますけど、そのまんまですね(笑)」

「イラクの人は大人も子供も泥水を飲めってか」

「ジャスコから水を送ってやったらいいのに」

「貧乏人や低学歴の者に対しては言い方がキツいしな」

「自分がおぼっちゃんだから」

「中国に了解取れって 日本は主権国家じゃないのか」

「中国にイオングループの店舗がいっぱいありますからね」

「日本海っていう表記に違和感って、 岡田って朝鮮人なのか」

「これまでに、そういう情報はありません」

「拉致被害者を北朝鮮に返せって」

「イオングループは北朝鮮にも進出したいんでしょうか」

「”君が代”以外の国歌なんて想像できないけどな」

「日教組と全教の支持も欲しいのかな」

「管直人は厚生大臣のとき、人生でただ一度だけ輝いてたけど、岡田って一度も輝きを見せないよな」

「管直人はNHKの美人アナウンサーとの浮気発覚後はずっと汚れまくってますからね」

「お遍路さんに行った浄化効果は皆無のようだな。岡田は選挙で過半数取れなかったら代表を辞めるって言ってるけど、過半数なんて200%取れないよな」

「辞任決定ですね。でも民主党に次の人材いました?」

「民主党で有名なのは枝野幸男、 河村たかし、長妻昭、西村眞悟、鳩山由紀夫、原口一博くらいかな」

「テレビに出てる人たちですね、こうしてみると岡田代表よりいいのがいますよね」

「西村眞悟が代表だったらおもしろいな」

「それも200%なさそうですね」

「西村眞悟が聞いたら怒るで」

「西村センセイはこんなblog読みません」

「それもそうだな」

http://ameblo.jp/worldwalker2/



○大店法
「大店立地法」とは1998年5月に成立した(施行は2000年6月)「まちづくり3法」と呼ばれる新法の一つ。
これは通産省がガイドラインを示し、各地方自治体がその管轄をする仕組みになってる。

「大店法」を廃止し新たに施行された「大店立地法」の骨子は、
「店舗周辺の中小小売業者の事業活動の機会の適正な確保」だった出店規制が、
「店舗周辺の生活環境の保持」という大幅な緩和にある。
つまり、店舗予定地から算出される商圏内に中小小売業者がある場合、
一定規模以上の店舗を建設する事が出来なかった訳だ。
だが、この改正によって店舗の商圏内の小売店に配慮しなくてもよくなった為、
郊外の人口密度の低い場所にも、大型の店舗を開店できるようになった。

○元通産官僚 岡田克也
岡田克也(民主党代表)は、当時通産官僚として大店法改正案の内容を知る立場にあり、
同時にイオングループの不動産売買を担当する小会社の取締役を違法に兼務していた。

イオンと通産省が、岡田克也を媒介として「大店立地法」という情報で繋がってても不思議じゃない構図がある。
イオン(旧ジャスコ)は、改正前から郊外地をターゲットに、誰もが出遅れた大規模な店舗展開をできる準備をし、
その結果、それまで業界での双頭の一つダイエーを押し遣るほどの力を得た。
つまり、業界筋じゃ有名な「ジャスコ岡田卓也会長の経営手腕」にも、疑問符が付く疑惑が見え隠れしているわけだ。
岡田克也氏曰くの「父親の持つ不動産関係の会社、岡田興産」の実態・現状がはっきりすれば、
ひょっとしたら単なる「国家公務員法違反」で終わらない可能性がある大問題なんだが、はたして…。

○イオングループと岡田克也に対するチャネラの声
1.ジャスコができると同時に、道路が整備・開通したりする。まさか本人とは・・・
2.涼しい顔して商店街が潰れたのは小泉のせいとか言ってるんだから悪にも程があるよ。


大店法と岡田克也プロフィール

○大店法の流れ
1989年「日米構造協議」による指摘....非関税障壁として、具体的抜本的構造改善策
1990年「日米構造協議中間報告」....規制緩和の時代    
1991年「大店法関連5法」   
1994年 売り場面積1000平米未満の店舗の原則出店自由
1998年 まちづくり3法の成立(5月27日)。大規模小売店舗法の廃止。
(「中心市街地活性化法」「都市計画法の改正」「大規模小売店舗立地法」)     

○岡田克也のプロフィール
1976年 4月 通商産業省入省。
1986年 4月 兼職禁止規定(国家公務員法103条)に気づいて、岡田興産の取締役辞任
1988年 7月 大臣官房企画官を最後に通商産業省を退職。衆議院選挙に三重県から出馬を表明。
(当時、時効は解けていない)
1988年 9月 岡田興産の代表取締役就任
1989年 4月 学説上の国家公務員法違反の公訴時効成立
1990年 1月 衆議院解散
1990年 2月 衆議院議員選挙に初当選。自民党政治改革を実現する若手議員の会の中心メンバーとして政治改革の実現に奔走。
1990年 4月 岡田興産の代表取締役辞任

 岡田卓也:イオン株式会社 会長 (岡田元也・克也・昌也の父親、岡田屋・ジャスコ創業者)
 岡田元也:イオン株式会社 社長 (長男)
 岡田克也:元通産官僚 現・民主党 代表 (次男)
 岡田昌也:東京新聞・中日新聞 (三男)

【イオングループ一覧】http://www.aeoncredit.co.jp/aeon/corp/group/



私が左翼を信用しないのは、日頃人権を声高に叫ぶくせに、貧乏人や低学歴者のことを見下したり、高新国の恵まれない国の人たちには冷たい態度を取るくせに、特定アジアの国にはやたら迎合してみたり、自分が金持ちで恵まれていて安全なところから絶対出ていかないからです。

人権やら平和を口にするのは単なる方便であり、自分自身をよく見せるためのアクセサリーでしかありません。

いずれにしろ、この男は最低な屑人間であり、こんな野郎にシンパシーを感じている人間も同類なのです。宮崎哲弥は「別に応援しているわけではない」といいながら次期民主党党首に推していますが、いったい何を考えているのでしょうか。この宮崎なる人物も今一好きになれません。

【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック