2013年03月08日

首相、民主党政権が尖閣警備をする海自に対して極度の縛りを掛けていたことを明らかに

首相、民主党政権が尖閣警備をする海自に対して極度の縛りを掛けていたことを明らかに

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130307/plc13030715550013-n1.htm

 安倍晋三首相は7日の衆院予算委員会で、沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入を続ける中国側に対する民主党政権時代の対応について「警備、警戒の手法に極度の縛りを掛けていた」と明らかにした。同時に「(中国側に)誤ったメッセージを送ることになり、不測の事態を招くことすらある」と批判した。

 首相は「縛り」の具体的な内容については言及を避けたが、民主党政権が尖閣周辺海域に展開する海上自衛隊に対し中国海軍艦船と一定以上の距離を保つよう指示していたのではないかと聞いた自民党の萩生田光一氏の質問を否定しなかった。

 「縛り」の理由としては「過度にあつれきを恐れた」とも指摘した。


10179-1.jpg


政権交代して全てが明らかになったなw
民主党のせいで危険な情勢が出来上がったんだな
イオンの売上が第一 ミンス党



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック