2013年09月12日

口が血まみれになっても殴り続けた…桜宮高バスケ部体罰「自殺」事件

口が血まみれになっても殴り続けた…桜宮高バスケ部体罰「自殺」事件

http://news.goo.ne.jp/article/dot/nation/dot-2013091000034.html?fr=rk

 小村被告は、起訴内容を認め、遺族に深々と頭を下げて謝罪した。だが、検察側が証拠として、自殺前日の昨年12月22日、桜宮高校であったバスケットボール部の練習試合を撮影したビデオ映像を公開すると、法廷の雰囲気が変わった。

 この映像は体育館の2階から撮影されていた。試合中にもかかわらず、小村被告はプレーをしていた男子生徒を平手で殴りつけた。さらにコートの中を追いかけ、体育館の壁に追い詰め、逃げられないようにして20発ほども殴り続けていた。

 バチン、バチンという平手打ちの音が、かなり遠くから撮影されていたビデオ映像にはっきり記録されていた。検察側は、「口が血まみれになっても殴っていた」と指摘した。

 被害者参加制度を利用して男子生徒の母親(45)も小村被告への質問に立ち、激しく追求した。
「ビデオ映像では30秒近く殴っている。何を考えて殴ったのか」。

 小村被告は小さな声で答える。「指導です。強くなってほしいと……」。

 母親はさらに続けた。「あなたの調書を読みました。『鼓膜が破れないように叩く。生徒が動くと破れることがある』と書いてあった。(鼓膜が破れたら)責任は生徒なのか?」「指先で触るように殴るとも話していた。なぜ、それでケガをするのか?」

 母親の厳しい問いかけに、小村被告は無言で何も答えられない。さらに母親は、男子生徒が小村被告に対してキャプテンを続けると約束したときのことを聞いた。

「あなたは『キャプテン続けるなら殴られてもいいんだな』と息子に言いましたね」
「はい。本当に申し訳ありません」

 消え入るような小さな声になる小村被告。母親は男子生徒が自殺した後のことにも触れ、「学校から止められているとか、体調が悪いといって、弔問に来なかった。息子の兄が連絡して初めて来た」。こう指摘すると、小村被告はうなだれるように認めた。

 公判ではほかにも、小村被告が男子生徒だけではなく他の部員にも暴行していたことや、教師になった24年前からずっと体罰指導を続け、桜宮高校で教諭だった妻も体罰を容認していたこと、部員以外への体罰で学校から指導されると部員限定で体罰を続けたことなど、次々ととんでもない事実が明かされた。

 公判終了後、男子生徒の両親は記者会見し、母親は法廷で明るみに出たこと以外にも、さらなる体罰があったと話した。「小村被告は、部員を倉庫で隠れて殴っていた。通称倉庫インと呼ばれていた。息子は倉庫の中からドンドンと音がするし、鼻血を出していたりするのでわかると話していた」。

 そして、こう訴えた。「謝罪に来たのも2度だけです。法廷を見ても、まったく反省していない。暴行傷害罪ではなく、傷害致死罪だ。許せない」。

 検察は懲役1年を求刑し、結審した。判決は9月26日に言い渡される。(終)



その映像をみた親御さんは辛かったろうなあ

こんなのを学校全体で擁護してんだよな・・・
生徒から嘆願出てなかったっけ?
こんな男をかばってた桜宮高校の生徒も狂ってるわ
嘘泣き記者会見した馬鹿生徒達はどうなった?
記者会見した馬鹿餓鬼と
その馬鹿親も見た方がいいよ




【関連する記事】
posted by コピペマン at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日教組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もっと公に報道されるべき事実だと思います。
Posted by 274 at 2013年09月12日 23:46
もし、自分の国が必要であるならば、自分の国は自分自身で守れ。
虎の威を借る狐* になるな。 狐の根性が汚い。

力は正義である。(Might is right).
もしも、自分に正義が必要であるならば、自分自身の力を示すこともまた必要なことである。

仏法の守護神は、仁王である。国家の守護神は、自国の軍隊である。
主護神を置かずして、法を説く者はむなしい。得意な歌詠みも、ごまめの歯ぎしりとなるか。

自分の死に場所を探す兵士ばかりでは、戦に勝てない。戦場に屍をさらせば、敵の戦果の山となる。
兵卒は有能、参謀は無能。
お上の理不尽な要求には、耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、南の島に雪が降る。

序列メンタリィティを日本語脳から除去することは難しい。
階称 (言葉づかい) は、日本人のリーズン (理性・理由・適当) をむしばむアヘンのようなものになっている。

*(他人の権勢をかさに着ていばる小人のたとえ。)

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/





Posted by noga at 2013年09月13日 03:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック