2013年09月29日

民主・岡田氏「安倍首相は国会での質疑に応じよ 汚染水問題には説明責任がある」

民主・岡田氏「安倍首相は国会での質疑に応じよ 汚染水問題には説明責任がある」

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130926/plt1309260733001-n1.htm

 さて、24日の野党幹事長・書記局長会談で、民主党、みんなの党、共産党、生活の党、社民党の5党は、東京電力福島第1原発の汚染水問題や、消費税増税と経済対策、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などを議論するため、政府・与党が来月15日召集で調整している臨時国会の前倒しを求めることで一致した。

汚染水が海に流出しているのは事実だ。太平洋に混ざれば希釈され、安倍晋三首相がいう「安全な数値」になるだろうが、確実に放射性物質は蓄積されていく。国民も海外も懸念している。安倍首相は「私が責任者」「国が前面に出る」などと述べているが、国民の税金をどこまで投入すべきかという根本的な議論もある。真摯に受け止めて、説明責任を果たしてほしい。

gyuuire-74.jpg

野田ちゃんの収束宣言のときに副総理だったじゃん
まずてめーら民主党が説明しろ
意味不明の収束宣言は何だったのかを
まず説明すべき
詐欺民主党には、説明責任がある。

2011年の震災後間もなく、原子力委員会が汚水タンクの改善勧告したにも関わらず、それを無視して何の対策も打たなかったのは、当時の民主党政権の菅、仙石、海江田のバカ3人だ。叩かれるのはおまえらバカミンスだよw

0-02711.jpg

岡田克也の経歴:
http://senkyomae.com/p/42.htm

・在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
・人権侵害救済法推進(閣議決定)
・外国人参政権賛成派
・朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
・民団の2011年新年会へ参加した議員
・朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらかと言えば反対」と回答
・永住外国人への地方参政権の付与について「小沢一郎前代表も鳩山由紀夫代表も私も付与すべきだという意見だ。
 幹部の間では意思統一ができている」と発言(日経新聞)
・「チベット・ウイグル問題など内政干渉行うべきではない、
 靖国神社へ首相は参拝すべきではない」と発言(Record China)
・中国へ配慮し「決定は駄目だ」と離島奪還訓練を中止させる(産経新聞)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376061196

この記事へのトラックバック