2014年03月27日

【移民】建設業で外国人受け入れ拡大へ 政府・与党が最終調整に

【移民】建設業で外国人受け入れ拡大へ 政府・与党が最終調整に

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2501H_V20C14A3EE8000/?n_cid=TPRN0003

 政府・与党は人手不足が深刻な建設業で、外国人労働者の受け入れを拡大する方向で最終調整に入った。外国人向けの技能実習制度を実質的に拡充し、最長3年間の受け入れ期間を2年延ばしたり、過去の実習生の再入国を認めたりする。受け入れ人数はピーク時に現状の2倍の3万人規模に増える見通し。2020年の東京五輪に向け「即戦力」を活用し、膨らむ建設需要に対応する。



学生が就職活動で何十社回っても内定取れないぐらい
雇用情勢が厳しい時代なのに
外人労働者を入れましょうって有り得ない。
日本人労働者に金回してやれよマジで。
日本人雇えよ!



日本人の仕事が奪われ
金を稼いだ外人は祖国に送金
移民が大人しく奴隷にでもなってくれるとでも
思ってんのかね。





【関連する記事】
posted by コピペマン at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック