2014年03月28日

自民党が『国際情報検討委』を発足 韓国の反日キャンペーンに対抗へ!! NHK国際放送の見直しも

自民党が『国際情報検討委』を発足 韓国の反日キャンペーンに対抗へ!! NHK国際放送の見直しも

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140327/mca1403271507001-n1.htm

 中国や韓国による第三国での反日宣伝に対抗する情報発信戦略を構築するため、自民党が「国際情報検討委員会」を27日にも発足させることが分かった。委員会では米国での中韓両国の宣伝活動を調査。米国に政府の情報戦略拠点を設置し、対抗のための情報発信を行うことを検討する方針だ。同委員会の設置は、中韓両国が安倍晋三首相の靖国神社参拝や慰安婦問題などを引き合いに日本の批判キャンペーンを強めていることから、誤った認識が世界に広がることを抑制し、情報発信で攻めの姿勢に転じることが狙いだ。自民党外交・経済連携本部(本部長・衛藤征士郎衆院議員)の下に設置。委員長は、原田義昭衆院議員が就任する方向となっている。

 同委員会では、米国内で行われている中韓両国の宣伝活動を中心に調査し、ロビー活動や議員外交、市民運動、教育機関の連携なども幅広く精査する。宣伝活動の狙いを総合的に把握することで、日本との外交案件にどのような影響を及ぼしているかを分析し、日本の情報発信戦略に生かしていく考えだ。

 さらに、中韓両国に対抗する情報発信戦略を有効的に実行するため、政府全体の情報発信を統括する新組織や在外拠点の設置も検討する。NHKの国際放送のあり方を見直すことも議論していく。官民の役割分担を研究し、政府組織への予算確保とともに、民間活動への資金援助も視野に入れている。

ffghk300_.jpg

や調査するだけなのな
実際に反論対抗する行動は誰がやるの?


どうせやるなら、きめ細かく細部に至まで徹底的にお願いします。
あいつらが反日を辞めるときは「反日は損」と思った時だけだ
反日情報発信者を吊るしあげて恥知らず嘘つき野郎として追い込むべき
アメリカでは日本人へのイジメという実害が出てる以上、やらなきゃいかん
そもそも、外務省がきちっと仕事をしないで、
手ぬるい対応をしていたから、こうなったわけで…。

国際放送の反日放送は粛清することが
捏造を世界中に放送する罪は反逆だ。
国際放送は日本人にさせろ。
マスコミの在日排除する。

【関連する記事】
posted by コピペマン at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK 真っ赤っか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック