2015年05月30日

朝日社説:受験生が面接官に「早く質問しろ」とは言わない 首相のヤジは国民への侮辱だ

朝日社説:受験生が面接官に「早く質問しろ」とは言わない 首相のヤジは国民への侮辱だ

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11781281.html

口頭試問を受ける受験生と面接官のようなもの――。首相と議員の関係を、 政治学者の杉田敦・法政大教授はそう例えている。受験生が面接官にヤジを飛ばすことは許されない。安倍首相のヤジによって侮辱されたのは、国会そのものであり、国会議員を送り出した国民でもある。国会全体として首相に対し、改めて強い怒りを表明すべきだ。

安倍首相は2月の衆院予算委員会でも「日教組!」「日教組どうするの、日教組!」と民主党の質問者にヤジを飛ばして問題になった。反省どころか、数の力を頼んだおごりも極まれりというほかない。国会審議の前に米議会で演説し、安保法制について「戦後初めての大改革です。この夏までに成就させます」と誓った首相である。異論に耳を傾ける気は毛頭ないのかもしれない。しかし、まさにその大改革が議論されているのである。首相が国会をないがしろにする姿は二度と見たくない。

14098387260001.jpg

ちょっと意味がわからないです
そのたとえが適切だと本気で思ってるの?
面接官が質問してこないんですよ

朝日新聞に面接来た受験生が自己アピールを
30分以上延々としても同じこと言えるの?

面接官はくだらんこと30分も話さんやろ
何分もベラベラしゃべる面接官なんてキモイ
俺も辻元清美にははよ質問せーやとおもてましたし
面接官が自己アピール始めたらキレてもいいだろ

無駄な質問や審議拒否が無くなれば
日本はどれ程発展してるんだろうな。
数百数千兆規模の大損失だろ。




【関連する記事】
posted by コピペマン at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 極左 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック