2015年09月05日

SEALDsデモに加担した日弁連が『法的制裁を喰らう』

SEALDsデモに加担した日弁連が『法的制裁を喰らう』

http://www.sankei.com/premium/news/150905/prm1509050015-n1.html

 弁護士に強制加入が義務づけられている日本弁護士連合会(日弁連)や全国の弁護士会の“政治的活動”に対し、内部から異論が上がっている。若手弁護士を中心に活動を疑問視する声が出ているといい、権力に干渉されず、独自の自治権が認められた弁護士会の活動のあり方が問われている。(太田明広)


「政治的発言とは考えていない」
「戦争する国絶対反対!」
「9条守れ!」

 日弁連が8月26日に主催した安全保障関連法案廃案を訴えた抗議行動。日弁連の村越進会長も東京・日比谷公園から国会議事堂までデモ行進に参加した。この日の会見で、村越会長は「立憲主義の破壊だけは認められない」と訴えた。日弁連はこれまでも会長声明や理事会決議で、法案反対の立場を打ち出している。

 強制加入団体の日弁連が特定の政治的意見を掲げることへの懸念。本紙記者が会見で質問したところ、全国の弁護士や大学教授ら約300人が集まった会場から「何を言っている」「帰れ!」などの怒号が飛ぶという場面もあった。

 村越会長はデモ終了後の取材に「『戦争法案』というレッテル張りはしていない。『9条を守れ』ということまではぎりぎりの範囲だと思う。政治的な発言とは考えていない」と話す。ただ、デモ行進前に約4千人(主催者発表)が集まった集会では、女性グループが「戦争法案なんていらない」などの横断幕を掲げ、反対の気勢を上げた。民主党の辻元清美議員や社民党の福島瑞穂議員が駆けつけたほか、政党からの参加者で最多だった約10人の共産党議員も駆けつけた。

1-02456.jpg

デモに参加してりゃ立派な政治活動ですが?
弁護士が個人的に活動する分には構わん
ただし弁護士会でやるってのは違法
擁護のしようもない
例えば最高裁判事がデモに参加するのもOKと思ってるのかな?


強制的に加入させられる団体だからこそ
政治的中立が求められるのは、
南九州税理士会事件で確立された判例である
(芦部p124、佐藤p355、伊藤p421、野中p250)。


日弁連も弁護士の集まりなのに政治活動
日教組も教員なのに中立忘れて教科書にない洗脳教育


こいつら誰が見ても違法行為してる
例え会長が九条守れとだけ言ってると詭弁言っても
日弁連は戦争法案と言ってるだから言い逃れできない
以後政治的発言がでたら、強制加入をやめて、任意加入とすべき!


0-02711.jpg


>全国の弁護士や大学教授ら約300人が集まった会場から
>「何を言っている」「帰れ!」などの怒号が飛ぶという場面もあった。

どう考えても産経は正論。
真実を突き付けられると火病るのは、まるでどこぞの国民ですな。
例えば最高裁判事がデモに参加するのもOKと思ってるのかな?!
本来政治的には中立であるべき法曹は左翼売国奴運動に参加発言するべきではない。




【関連する記事】
posted by コピペマン at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 売国・売国奴な人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック