2016年03月21日

朝日新聞「部数底割れ」の負の螺旋

朝日新聞「部数底割れ」の負の螺旋

https://facta.co.jp/article/201602040.html

都内の販売店の廃業相次ぐ。給与・賞与で100億円抑制、希望退職募集が柱の大リストラ策。若年層が紙の新聞を読まなくなったと言われて久しいが、日本新聞協会が昨年末に発表した2015年(10月現在)の日刊紙の総発行部数は4424万6688部と前年に比べ111万部減少した。マイナスは11年連続で、全ての地区で減少した。日本ABC協会がまとめた15年11月現在の新聞販売部数も、3888万8021部で前年同月比75万部の減少となった。ABC部数で目立つのは朝日新聞が40万部減と、全体の減少分の5割以上を占めている点だ。特に東京本社管内の落ち込みが大きい。都内の新聞販売店関係者によると、部数減と折り込みチラシの広告収入減により朝日の販売店が相次いで廃業に追い込まれているという。

14098387260001.jpg

そりゃ嘘の記事が載っている紙に
いつまでも金を払うバカはいないからな

思想が偏っているだけならともかく
ウソの記事が書いてある新聞だからな
なんで平然と営業してるんだろ。
中韓のプロパガンダみたいな記事ばっかりだし。
サヨクの機関誌を読むのはサヨクだけだろ?
普通の人が朝日の捏造を知って離れ始めただけ
全体的に減ってるのはマスゴミの偏向報道が原因で自業自得w



【関連する記事】
posted by コピペマン at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 極左 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック