2016年03月24日

在日韓国人専用の老人ホーム 東京都が8億円を負担し港区に今秋オープン

在日韓国人専用の老人ホーム 東京都が8億円を負担し港区に今秋オープン

http://s.webry.info/sp/sakura-stay-night.at.webry.info/201503/article_4.html

東京に「故郷の家」を設立するのにかかる費用は23億円。うち8億円は東京都が補助し、残り15億円は法人が負担する予定だが、一部は募金で充当する。日帝時代に徴兵・徴用された多くの在日韓国人1世代はまだ異国の地で恨を抱きながら暮らしている。生涯故国を思いながら老年を過ごしてる在日韓国人の高齢者と日本の高齢者に、韓国のキムチと日本の梅干しがある老人ホームをつくろうとしている。

その間、私たちは在日韓国人問題に無関心だった。日本政府は過去の過ちを反省しないが、「故郷の家」に取り組む日本人はこれを贖罪しようとする良心勢力だ。在日韓国人のための老人ホーム設立に率先する87歳の阿部志郎・神奈川県立保健福祉大学名誉学長は「日本が韓国に犯した罪は2つある。一つは武力による侵略で、もう一つは同化政策で名前も文字も使えないよう強要したことだ」と話す。

在日韓国人の高齢者は歴史の犠牲者として生きてきた。晩年も韓日間の間に挟まれて窮屈に暮らしている。つらい歴史を歩んできた在日韓国人1世代には老年の安息所が必要だ。「故郷の家・東京」は安らかな老後を過ごすのに適したところだと考える。ぜひ韓国でも「故郷の家・東京」の設立の趣旨に多くの人たちが力になることを強く望む。

d083fefb.jpg

なんで港区?
韓国に作れよ
舛添はもうダメだ
頭おかしい
堂々と報道出来ないようなコトばかりするな

やりたい放題にさせている都民も悪い
リコール運動は出来ないのかな。
舛添は韓国人だからこうなるのはわかっていたはず。

東京都民! 何やってんだよ!!
舛添なんとかしろよ。

都合よく潰された例

・都知事の猪瀬は、「朝鮮学校補助金廃止の表明」の直後に潰され
 (献金斡旋・暴露の一水会鈴木が在日)
・みんな党の渡辺は、「安保法で自民と連携を表明」の直後に潰され
 (献金・暴露のDHC吉田会長が韓国出身)
・国民新党の松下大臣は、「人権法閣議決定」の直前に友愛自殺
 (民主・国新の連立政権で唯一人権法に反対)
・自民党の中川昭一大臣、「河野談話見直しを公表後」に潰され死亡(死因不明)
 (2007年12月 「真・保守政策研究会」創設(改称 創生「日本」)
 (2009年2月、ローマG7会議にて、読売(越前屋知子)に嵌められ酩酊会見→ 失職)



【関連する記事】
posted by コピペマン at 09:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 売国・売国奴な人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国 または 朝鮮に返還してはいかがでしょうか?老害になる前に
Posted by 人モドキ嫌い at 2016年03月26日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック