2016年06月16日

孤立浮き彫りの中国ASEAN懐柔に失敗あの外相が1人で会見の異常事態

孤立浮き彫りの中国ASEAN懐柔に失敗あの外相が1人で会見の異常事態

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160615/frn1606151540006-n1.htm

中国雲南省玉渓で開かれた中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相による特別会合で、ベトナムなど一部加盟国と中国が対立する南シナ海の領有権問題をめぐる議論が決裂、共同記者会見も開かれず、中国の王毅外相が1人で会見するという異常事態となった。

フィリピンが提訴した常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の判断が近く示される見通しとなる中、中国は孤立回避に向けてラオスなどの友好国の取り込みを図り、対立国との一致点を模索したが、ASEAN側は中国との調整を放棄、南シナ海の人工島造成や施設建設について「信頼を損ねる動き」と非難、不信感をあらわにした。

王毅外相は単独で開いた記者会見で「中国とフィリピンの間の意見の相違はASEANとの問題ではなく、協力関係に影響はない」と強調。ASEANの対中交渉の窓口国であるシンガポールの外相が会見に参加しなかったことについては「フライトやスケジュールの問題」と説明せざるを得なかった。4月には中国の劉振民外務次官がASEAN各国に対し、仲裁の結論に同調することは「危険な動きだ」と発言。これが「恫喝(どうかつ)」(シンガポール外務省高官)と受け止められ、反発が広がった可能性があり、中国外交は失敗に終わった。

0482.jpg

南シナ海に直接面していない国々を数十か国集めて
「支持されてる」と正当性を主張することの虚しさよw
それ「支持されてる」んじゃなくて「指示してる」んでしょうにw

日本には過去の侵略を持ち出して非難しておきながら、
現在の自分たちの侵略は権利だとぬかす厚かましさw
「中国ぼっち」がこんなに鮮明な状態はないな
これを「孤立」と言えない中国の悲惨さよ

ま、韓国がおるしな。
中韓で次の枢軸やるの?
【関連する記事】
posted by コピペマン at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439036931

この記事へのトラックバック