2016年11月14日

蓮舫「二重国籍? オフレコで説明義務を果たしたのでセーフ」

蓮舫「二重国籍? オフレコで説明義務を果たしたのでセーフ」

http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_69664/

蓮舫氏は22歳までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったが、10月7日まで放置していた。また04年7月、初出馬した参院選における選挙公報やHPには「85年台湾籍から帰化」と記載されていた。

民進党議員は、

「二重国籍者の国籍選択は『努力義務』にすぎない。選挙公報についても公職選挙法の時効は過ぎている。違法性が低いうえ、蓮舫は10月18日、大手マスコミにオフレコ懇談を開催したことで説明義務は果たしたと考えている」

と党内戦略を語るが、新たな時限爆弾のカウントダウンが始まっていた。ジャーナリスト須田慎一郎氏が4日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)にて、こう語ったのだ。

「代表どころか、国会議員を辞めなくちゃならないようなスキャンダルがあるんです」

この発言の核心について、さる自民党大物議員は「蓮舫が台湾総統選に投票していた、という疑惑があるんです」と証言する。

ClBsqTFUkAA7AXj.jpg

独り言で説明責任果たしたってのと同じだな。
ここまで他人に厳しく自分に甘い党首がいただろうか。
それにしても、このネタに関してのテレビのスルーぷりは異常

まあとりあえず
・台湾籍の離脱証明書(9月23日に受け取ったもの)
・法務省からもらった「国籍法に違反していない」という文書
を出してもらおうか
どうせ全部嘘だからないんだろうけど





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック