2016年12月02日

世界最大の海運同盟2M”が韓国企業を排除

世界最大の海運同盟2M”が韓国企業を排除

http://japanese.joins.com/article/120/223120.html

世界最大の海運同盟「2M」が取引先である荷主の反発を受けて現代商船を会員として迎え入れない意向を明らかにした。先月30日(現地時間)、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が消息筋の言葉を引用して報じた。同紙は2Mの高位役員の発言を引用して「韓進(ハンジン)海運の法定管理(会社更生手続きに相当)以降、取引先が韓国船社である現代商船の加入を渋っている」と伝えた。この役員は「現時点での現代商船の加入は取引先の信頼が揺らぎかねず、ゆるやかな形での協力を検討している」とした。現代商船は2Mの加入失敗による打撃が大きいだろうと同紙は伝えた。世界最大海運会社「マースクライン」は、11月に荷主に対し、現代商船を2Mアライアンスに加入させるよりは、現代商船の傭船を譲り受けて2Mの路線に投じることを含めた「新たな協力の可能性」を検討していると伝えていた。

12606630270001.gif

大規模海運会社が法定整理され、
政府が支援するだろうと支援しなかったら、
同業の現代がとばっちり受けたのか?
相当ヤバい話だと思うんだが...

だから早い時期に国が肩代わりしないと
大変なことになるよと言ってたのにw

現代商船は、今年上半期だけで約4000億ウォン(約373億円)の営業赤字を計上し、手持ち現金が7000億ウォン前後にまで減少した。営業赤字が続けば、来年上半期には運転資金が不足する可能性が高い。法定管理を申請して破産の危機に直面している韓進海運と同様、韓国の海運大手である現代商船の業績も悪化している。 専門家は「韓進海運に続き、現代商船まで破綻すれば、世界6位の韓国海運業がまるごと崩壊しかねない」と懸念している。


【関連する記事】
posted by コピペマン at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ここ、変だろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444525400

この記事へのトラックバック