2017年02月09日

ストーカー殺人、懲役22年が確定 被害者の両親「軽すぎる」

ストーカー殺人、懲役22年が確定 被害者の両親「軽すぎる」

http://www.sankei.com/affairs/news/170208/afr1702080016-n1.html

東京都三鷹市で平成25年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が殺害されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手、池永チャールストーマス被告(24)を1審に続いて懲役22年とした1月24日の東京高裁判決に対し、被告、検察双方が上告せず、判決が8日午前0時に確定した。生徒の両親は8日、コメントを公表し「何の落ち度もない娘の命が奪われた犯罪に対し、懲役22年というのは軽すぎる」との心境を明かした。両親は「裁判員裁判でありながら、司法の判断は普通の人の良識とはかけ離れていると感じる」と批判。問題点として、有期刑の上限が懲役20年(併合罪で懲役30年)にとどまることを挙げ、「資料に誘導され判断するやり方は厳正な裁判とは言えない」「有期と無期、死刑の間に隔たりがあり過ぎる」と訴えた。

12606630270001.gif

この22年から未決勾留日数が引かれて
さらに仮釈放なども考えると
15年〜16年くらいでシャバに戻れるかも
やはり軽すぎるな
初犯の殺人に対する刑の認定が甘い

ストーカー殺人には極刑も考えるべき
こいつは最低でも無期懲役で50年。
または、殺人は基本的に終身刑で良いんじゃないかね


【関連する記事】
posted by コピペマン at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ここ、変だろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック