2017年03月12日

安倍首相「もう放っておいていい」 憤りあらわ 慰安婦合意、逆風さらに


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00010003-nishinpc-int

 2015年末の合意は、安倍晋三首相にとって「賭け」だった。日韓関係が悪化すれば、軍事威嚇を繰り返す北朝鮮や、海洋進出を続ける中国に「付け入る隙を与える」(政府筋)恐れがある。米国もアジアにおける防衛力の弱体化につながると懸念していた。

 首相は持論を抑制し、初めて直接的な表現で「軍の関与」を認め「おわびと反省」に踏み込んだ。合意直後には保守色の強い首相支持層を中心に批判が殺到。それだけに着実に合意を履行し、目に見える形で「成果」を示す必要があった。

 だが、弱体化した朴政権は昨年12月、釜山の少女像設置を事実上、容認。1月に韓国の地方議員らが島根県・竹島での少女像設置へ募金活動の開始を表明すると、首相は周囲に「もう放っておいていい」と憤りをあらわにしたという。

14839926540025.jpg

アサヒも変態毎日も東京も連日
韓国は仲良くしなきゃいけない大切な隣国
大使を、帰せー、帰せーの連呼ですけど
プサンの売春婦像に対してはダンマリでだよね。

あくまで日米韓の安全保障が第一だから
日本としては
慰安婦問題日韓合意(2015年12月28日)と
日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)の署名(2016年11月23日)
この2点でアメリカに対してやるべきことはやった――といえる
もうこれ以上日本はなにもやる仕事はないし
もう韓国の面倒見る必要ないんでしょ?
断交が現実味を帯びてきたなw
さよなら、韓国



【関連する記事】
posted by コピペマン at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック