2017年07月09日

ロザン宇治原「安倍総理の『こんな人たち(妨害する人達)』発言を切り取る報道はフェアじゃない」

ロザン宇治原「安倍総理の『こんな人たち(妨害する人達)』発言を切り取る報道はフェアじゃない」

http://netgeek.biz/archives/99034  

【フェアじゃない】
ロザン・宇治原「安倍さんのこんな人達に負ける訳にいかない≠ヘ演説を聞かずに妨害する人達≠ニいう文脈だった思う。そこだけを切り取り、総理が自分に反対する人達をこんな人達≠ニ言ったと報道するのは、フェアじゃない」

その通り。良く言った!!#ちちんぷいぷい pic.twitter.com/jhLTpvnYpj
− ブルー (@blue_kbx) 2017年7月4日

選挙後、各メディアは一斉に「安倍総理が支持しない国民を敵とみて批判した」と報じた。現場を知る者であれば安倍総理は選挙妨害をする集団(後にしばき隊と判明)を指差して言ったことは明らかだったのに、メディアは「反対者を指差した。国民の権利を無視した独裁者だ」と事実を捏造したのだ。

▼東京新聞。「都民だよ。国民だよ」と言っているが、これは全くの筋違い。

▼小沢一郎事務所。安倍総理が独裁者だと批判しているが、そういう話ではない。

すでにnetgeekでも報じた通り、「安倍やめろ」の巨大横断幕を持って騒いでいたのはしばき隊の連中だと判明した。しばき隊については日本にいながらにして日本を恨む者たちの反社会的集団であることは有名。

本来、選挙とは候補者の意見を聞いて国民が投票で代表を決めるもの。しかし、その意見が聞ける場が潰されたのでは真っ当な民主主義を保つことができない。しばき隊は今回、反社会的な行動をとったにもかかわらず、メディアは真実に蓋をして都合のいい部分だけを偏向報道した。

今回ロザン宇治原がテレビで堂々とメディア批判をしたのは大変勇気がいることだったに違いない。ネット上では「下手すると干される恐れもあるのによく言ってくれた!」と絶賛する声があがっている。

981668.jpg


ばき隊の声=国民の声
安倍のしばき批判=国民批判

みたいな報道されてたもんな
さすがにあんな基地と一緒にされたくないわ
しばき隊の画像を放映してあげればいいのに

選挙妨害する連中こそが、民主主義の敵なんだよ。


tujimotokiyomi-728x524.jpg

いまは民進党とマスコミ癒着ぶりがひどい
   
■ 森友・加計絡みの偏向報道や民進党玉木ファミリーと日本テレビとの繋がりや、
詩織さんと山尾ら民進党系弁護団とのズブズブな相関図
http://i.imgur.com/Kb0GzbM.jpg
   
■テレビが「 民進党に忖度して 」安倍批判を繰り返す理由これ

・最近は「電通や博報堂」に民進党の方が宣伝費を48億円も支払ってて酷い!
 と野党の共産党までが指摘 (自民の電通への支出は 7億円) ↓
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-09-27/2014092701_04_1.html
     
・民進党の玉木が、五輪問題で電通に配慮して【 D社 】と隠蔽して国会マヌケ質問。
 → 安倍内閣の大臣から『 それ電通じゃん』と答弁された玉木はツイッターで「隠蔽してないわ」と言い訳w
http://i.imgur.com/jflRWjn.jpg

(玉木は、辻元清美と生コン疑惑で「俺のツイッターを信じるなよ〜」と炎上して大ブーメランw)
https://togetter.com/li/1094750






【関連する記事】
posted by コピペマン at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 真っ赤なマスコミ・マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック