2017年08月13日

「テレビは偏向している。ネットとの情報の乖離が激しい」BPOにも視聴者からの苦情が殺到

「テレビは偏向している。ネットとの情報の乖離が激しい」BPOにも視聴者からの苦情が殺到

http://netgeek.biz/archives/100948

末延吉正
「僕も長く政治をウォッチしメディアの中で働いてきたけど、最近の左派メディアほど酷かったものは見た事がない。つまり、国会の審議やニュースそのもの、事実を全く伝えない。自分の作文でつくったようにやる。あれほど新聞・テレビがあそこまで事実を曲げて成立するのか。総理が濡れ衣で可哀想だっていう証言もあったのに、それを一行も書かない新聞・テレビは酷すぎる。朝日とTBSは本気で反省すべき」

須田慎一郎「原点を辿れば前川さんの嘘が発端なんじゃないかなって思う」

末延吉正「うん、もとはね」

■メディアの報道が不自然に偏っていることはすでに数字で実証された通り

加計学園問題の報道時間8時間44分59秒のうち、前川喜平の発言は2時間33分46秒も取り上げられたのに、加戸前知事の発言は6分1秒しか取り上げられなかった。さらに原英史氏(国家戦略特区ワーキンググループ委員)の発言は2分35秒のみで、安倍総理に有利な証言はことごとくカットされる。これらの証拠が出揃う中、上念司氏は放送法4条違反を根拠にTBSひるおびをBPOに告発すると予告した。あくまで検討中ということだが、上念司氏の行動力なら本当にやるはずだと多くの者が期待している。ひるおびには、川井重勇都議会議長と小池都知事の握手シーンをカットすることで事件を捏造した前科もある。

981668.jpg

BPOもかばいきれなくなった
マスコミはブームが作れる、
世論を誘導できると
本気でかんがえてるようだ
それが驕りとなって 報道に表れる


1910-11.jpg

【テレビ】地上波テレビのキー局は年間数十億円程度の電波利用料を払うだけで、
数千億円規模の利益を上げる。既得権益の象徴的存在
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500377200/

【電波オークション実施、 クロスオーナーシップ規制が必要】

地上デジタル放送は62チャンネル分の電波帯域があるが、東京地区でさえ9チャンネルしか使っていない。(放送大学含む)
日本はちゃんとしたニュースを放送するニュースチャンネルもない。

電波利用料が安すぎる日本のテレビ局
しかも、大半は携帯会社が加入者数に比例して従量制で払っている。

米国 5000億円
英国 2500億円
日本  650億円【615億円は携帯会社負担】

営業収益   電波利用料

NHK 6756億円 12億円
フジ  3779億円  3億円
TBS 2774億円  3億円
日テレ 2886億円  3億円
テレ朝 2277億円  3億円
テレ東 1112億円  3億円

テレビ局全体の電波利用料負担は、総計で34億4700万円にしかならないのに対し、営業収益は3兆1150億8200万円もある。電波の"仕入れコスト"は、営業収益のわずか0.1%ということになる。利用税10%はとるべきだろう。マスコミは、印象操作で国民を騙し世論誘導することを平気でするようになった。 我々国民は、選挙で政治家に日本の政治を任せているがマスコミに政治を任せてはいない。

【関連する記事】
posted by コピペマン at 14:48| Comment(0) | 真っ赤なマスコミ・マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。