2017年08月27日

理不尽極まる徴用工問題の蒸し返しに毅然とした姿勢

理不尽極まる徴用工問題の蒸し返しに毅然とした姿勢

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170826/soc1708260010-n1.html

フィリピン・マニラで7日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相に断固抗議したうえ、今月下旬から韓国・釜山(プサン)で開かれる国際会議への招待を拒絶し、出席を見送る方針を固めたのだ。父親の洋平元官房長官は「媚韓・媚中」で国民からあきれられたが、河野氏は期待できそうだ。

日本政府関係者によると、河野氏は康氏との会談で、自ら徴用工の問題に言及し「適切な対応」を求めた。だが、河野氏が抗議後の17日、文氏は記者会見で1965年の日韓請求権協定で消滅した徴用工に絡む請求権について、「個人の権利は残っている」と発言した。文氏の「妄言」を受け、日本政府は韓国に抗議した。

dainihon.jpg

河野がんばれ
ついでにビザ免除止めてくれ

シャトル外交とか甘い顔するからつけあがる。
こういう外交を最初からやるべきだったんだよ
総理が強硬で外相が穏健より、
総理が穏健で外相が強硬の方が効果がある



【関連する記事】
posted by コピペマン at 07:54| Comment(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。