2017年09月24日

【日米韓首脳会談】針のむしろだった文在寅大統領

【日米韓首脳会談】針のむしろだった文在寅大統領

http://www.sankei.com/world/news/170923/wor1709230006-n1.html

21日に開かれた安倍晋三首相、米国のトランプ大統領、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の日米韓首脳会談は表向きは3カ国の結束をアピールした。だが、内実は、北朝鮮になお融和的な態度を続ける文大統領を日米両首脳がジワジワと締め上げる「査問」の場だった。文大統領は針のむしろに座らされた気分だったのではないか。

「北朝鮮への人道支援は逆のメッセージとなる。とても賛成できない」

会談でトランプは、韓国政府が唐突に打ち出した北朝鮮に対する800万ドル(約8億9千万円)相当の人道支援について、強い不快感を示した。安倍も厳しい表情でこう語った。

「北朝鮮は、核やミサイル開発に回す金がある。その金を人道目的に回すべきじゃないのか?」

トランプは横で深々とうなずいた。

トランプは国連総会の一般討論演説で、北朝鮮の朝鮮労働党委員長、金正恩(キムジョンウン)を「ロケットマン」呼ばわりし北朝鮮の「完全破壊」にも言及したばかり。安倍も演説のテーマを北朝鮮一点に絞り、「圧力」強化を訴えた。北朝鮮と対決姿勢を強めるトランプ、安倍には、文政権の人道支援の動きは「裏切り」に映ったに違いない。

緊迫した空気が流れる中、突然サプライズが起きた。

「ハッピー・バースデー、シンゾー!」

トランプが大声でこう語ると大きな誕生日のケーキが運び込まれた。この日に63歳の誕生日を迎えた安倍への粋な計らいだった。日米両政府関係者から割れるような拍手。さすがの安倍も相好を崩した。いきなり日米同盟の絆の強さを見せつけられた文はさぞ面食らったことだろう。人道支援について、ろくな反論もできぬまま、こう釈明した。

「人道支援を実際に行うタイミングは慎重に考える。日米韓の足並みを乱すことはしない…」

北朝鮮に対する日米と韓国の温度差は、写真撮影のために報道陣を招き入れた会談冒頭の時点から歴然としていた。トランプが、北朝鮮への追加制裁をいきなり明言すると、安倍は「米国の強力な新しい制裁措置を歓迎し、支持する」と賛同した。にもかかわらず、文は追加制裁には一切触れず、北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過したことについて「日本国民にお悔やみの言葉を申し上げたい」と人ごとのように語った。日米韓首脳会談は昼食をとりながら約1時間。この後、安倍とトランプは同じホテルで約1時間の首脳会談を行った。「本当に重要な話をするときは、韓国は入れられない」と言わんばかりの対応だといえる。

日米首脳会談でトランプは安倍にこう告げた。

「まあ、当面は制裁の効果を見る。効かなければさらに制裁をかける。どの時点で北朝鮮が対話を求めてくるかな…」

軍事行動をちらつかせながらジワジワと締め上げるトランプ流の外交術。その矛先は北朝鮮だけでなく、韓国にも向けられていた。

12606630270001.gif

「団結して北朝鮮を封じ込めようぜ」って宣言した瞬間に
同盟国が
「北を支援するぞ」
って大々的に発表したわけだからな。
完璧なタイミングで足引っ張ったと言える。

あの人道支援で「米韓FTA破棄」は確定的になったな
北朝鮮問題が解決したら米韓FTA破棄で韓国経済終了


トランプが大統領に当選して一番に訪問したの安倍さんだったよな。
やはりこの最初の行動を評価してるんだろうな。
どの国も様子見だったのに真っ先に訪問。
国会で野党は批判してたけど、やはり間違っていなかった。
そして同盟国からの支持やら国際政治の情報やらを
即座に持って行った安倍陣営の判断すげえなって思うわ

やっぱり安倍の真骨頂は外交だな
海外にコネが無いトランプに
いち早く繋ぎを作って恩を売っておいた成果がじわじわ出てる
EUは国民に媚を売るためにトランプ叩きに必死だから
トランプ陣営はますます日本依存が高まる









【関連する記事】
posted by コピペマン at 00:00| Comment(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。