2017年11月26日

アメリカ公文書館の資料に「朝鮮人の炭鉱労働者はすべて2年契約、給料は日本と同じ。 病気になれば家族を呼び寄せてもOK」」と九州大学の三輪教授

アメリカ公文書館の資料に「朝鮮人の炭鉱労働者はすべて2年契約、給料は日本と同じ。 病気になれば家族を呼び寄せてもOK」」と九州大学の三輪教授

https://twitter.com/seirouhakou/status/933054524016640000

【大拡散・周知徹底してください!】アメリカ公文書館の資料を発掘している九州大学の三輪教授が断言! 「朝鮮人の炭鉱労働者はすべて2年契約、給料は日本と同じ。病気になったら家族を呼び寄せてもOKの契約労働です。契約書に書かれてある。これが強制連行・強制労働というのだろうか?」
 
51VrREI3X7L__AA240_.jpg

よく見付けて下さいました。
いい仕事してますね!
三輪教受すばらしい。
これは、テレビ、新聞報道があって然るべきことですよね

軍艦島の世界遺産のプレートにこの事実を記載しよう!
嘘と捏造の国に一つ一つ証拠出して反論して行くのだ。


【関連する記事】
posted by コピペマン at 00:50| Comment(0) | 慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。