2017年12月09日

【受信料】 元NHK職員 「私は35歳の時、1150万円もらっていました」

【受信料】 元NHK職員 「私は35歳の時、1150万円もらっていました」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219040

昨年度末の受信料の推計世帯支払率(全国平均)は78.2%。すでにかなりの率で受信料を集めている。現在、NHKは200億円ものカネを貯めこんでいる。フザケているのは、金満なのをいいことに、職員が高額の報酬を受け取っていることだ。NHKによると、会長の年間報酬は3000万円を超え、11人いる副会長や理事らも2000万円台。一般の職員も30歳を越えると1000万円の給与をもらっている。表向き、大卒モデル年収は30歳で532万円、35歳で669万円と公表しているが、実際には“手当”を乱発し、国民から徴収した受信料を職員に分け与えているという。

0-0156.jpg

貰いすぎや
受信料はの大半は人件費に充てられているんだな。
ほんと払うのがアホらしいよな
国営化して公務員にやらせた方がマシだな

歌のおにいさんおねえさん
体操のおにいさんおねえさん
は激務の上に厳しい制約を課されているのに
年収300万程度なのが酷い


【関連する記事】
posted by コピペマン at 22:33| Comment(0) | NHK 真っ赤っか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。