2017年12月16日

【BPO意見書】“ニュース女子”制作のDHCテレビジョン「1月に出した見解と相違ございません」朝日新聞の取材に

【BPO意見書】“ニュース女子”制作のDHCテレビジョン「1月に出した見解と相違ございません」朝日新聞の取材に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000078-asahi-soci

 東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が1月に沖縄の基地反対運動について特集した番組「ニュース女子」について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表した件で、番組を制作した「DHCテレビジョン(旧・DHCシアター)」は14日、朝日新聞の取材に対し、「1月に出した見解と相違ございません」と回答した。

 1月の見解では「(日当について)断定するものではなく、疑問として投げかけており、表現上問題があったとは考えておりません」「(基地反対派の取材をしないのは不公平との批判について)言い分を聞く必要はないと考えます」「今後も誹謗(ひぼう)中傷に屈すること無く、日本の自由な言論空間を守るため、良質な番組を製作して参ります」などとしていた。





BPO自体が偏り過ぎてる人たちの組織だから。
偏向放送を見て見ぬ振りだし。
放送倫理とか片腹痛い

一方、「ニュース女子の取材」を
BPO側は断ると言うクズっぷり
そんな奴らの発言主張に正論なんて無いよ

大体、反基地運動やってる左翼の実態を報道しなさすぎw
勝手に行き交う車を止めて検閲したり
関係者に罵声浴びせたり暴力振るったり
そんなこと全然報道してないじゃん
東京のテレビ局とか
ちゃんと報道すべきだよ


沖縄では我那覇真子さんが地元コミュニティFMにより「沖縄防衛情報局」という放送で情報の拡散に努めている。しかし沖縄タイムスが我那覇さんではなくFM放送局に圧力をかけ言論を封じ込めようとしている。そもそもニュース女子が槍玉に挙げられたのも沖縄の問題を扱ったから。沖縄の問題は強固な壁として立ちはだかると同時に、抵抗勢力の最終防衛ラインと言えるかもしれず、ここを突破することが他のあらゆる問題を解決する糸口になるやもしれない。







【関連する記事】
posted by コピペマン at 00:00| Comment(1) | 真っ赤なマスコミ・マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日当の根拠が「十分とは」言えず、「大幅に」遅れた車も無かった、というBPOの言い方だと当て嵌まる番組は結構ありそうだなと
Posted by 名無し at 2017年12月16日 05:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。