2017年09月20日

痛い謝罪・撤回の東京新聞・望月記者

痛い謝罪・撤回の東京新聞・望月記者

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170919/soc1709190003-n1.html

東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者が“注目”されている。菅義偉官房長官の記者会見で、根拠が定かでない情報や私見を織り交ぜた質問を連発させているのだ。15日には、自身の質問について謝罪・撤回した。望月記者と東京新聞について、官邸取材もこなす、ジャーナリストの安積明子氏が迫った。

官房長官会見は平日の午前と午後の2回開かれるが、私を含むフリーランスには金曜日の午後、1回だけ開放される。質問者が内閣記者会の所属であろうとなかろうと、菅氏は丁寧に回答してきたが、最近、堪忍袋の緒が切れることがある。原因は、東京新聞社会部の望月記者だ。

「加計学園」問題では、菅氏に対し、新宿・歌舞伎町の「出会い系バー」(連れ出しバー)での女子の貧困調査を進言。北朝鮮の「核・ミサイル開発」では、金正恩朝鮮労働党委員長側の要求に応えるように求めるなど、理解しがたい質問で有名だ。

14日には、官邸報道室が東京新聞に注意喚起した文書を報じた産経新聞の記事を「官邸からのリーク」と発言した。それが原因で、個人の記者が誹謗(ひぼう)中傷を受けていると政府の責任を問う始末。この様子は、ネットの動画で広く拡散された。だが、その文書は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたものだったことが判明し、望月記者は赤恥をかいた。記者として、基本中の基本である情報確認を怠っていたのだ。

望月記者は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した15日午後の会見に姿を見せた。そして、前日の発言を撤回し、簡単に謝意を示した。その後、北朝鮮のミサイル発射に関する政府の対応について矢継ぎ早に質問したが、正直、「痛い」感じがした。周囲の記者はシラーっとしていた。東京新聞16日朝刊を見たが、この顛末(てんまつ)は記事になっていなかった。東京新聞が報道機関として、望月記者の「リーク発言」や取材姿勢を、どう考えているかは明らかではない。ちなみに、東京新聞政治部のある記者は「望月記者は社会部で、われわれとは別の組織。一緒にしないでくれ」と筆者に峻別を求めている。

1267976101198.jpg

社会部とか政治部とかどうでもいいねん
東京新聞はこんなアホ記者雇って
今まで野放しにしてたってのが問題なんだが
自浄作用のない報道機関て
自浄作用のない役所より
劣っていると思うの

まぁたとえば今井絵理子が不倫したことに対して
安倍「あれはわれわれとは別の組織だから」
といったら「うん、そうだね」と納得するのかって話だな

会社の名前背負ってる時点で一緒だわ
マスコミは企業の体質を批判するとき、
一々部署ごとに分けて批判するか?





posted by コピペマン at 18:56| Comment(0) | 東京新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする